浅草にちっちゃな小屋ができるまで 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

毎度のことですが…

ブログを書いてないな〜と思ってはいたけれど、なんと半年もたっていたとは…。月日のたつのがジェット機のように速い!この半年の間にいろいろな方にお会いできました。

3月「ふたりッパー」
金子ざんさんとダメじゃん小出さん。ざんさんは「ぬけさく芸」で何度も劇亭に出演いただいていますが、ダメじゃんさんは初出演。ダメじゃんさんが出演されていたライブを観に行った時、ものすごい鉄道ネタをされていて、「すごいな〜、鉄道ネタの芸人さんだ」と思い込んでいました。時事ネタの切り口が面白い!ちょっとブラックで私好み。頭の回転が速い。お二人でそれぞれのネタをやるだけでなく、二人でネタを作って演ってくれました、最後にそれぞれのネタが繋がって、ひとつのストーリーになっていたのにはビックリ。さすがでした。

2017ざん&ダメ5th2017ざん&ダメ4th2017ざん&ダメ1_th2017ざん&ダメ6th

2017ざん&ダメ3
2017ざん&ダメ2th

スポンサーサイト
21:51 | 劇場 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

大晦日 おののこみち歌謡ライブ4

こみちさんのライブも4回目。今回は事前にいろいろなところで、皆さんの「青春の歌」をお聞きして、その中からこみちさんが選んだ曲とその曲の思い出を書いて下さった方の文を紹介しました。お客様も大変懐かしそうに聴いて下さり、時に「おー!」という声も聞かれました。

そして今回は、初めてピアノ伴奏を数曲お願いしました。生演奏はやはりいいですね。次回もできれば生演奏を入れたいですね。

30日、31日の2日間で3ステージ。今回は早いうちからチケット完売の回がでて驚きました。お客様のなかには、遠くから泊りがけで全回ご覧になる方もいらして、本当に有難いことです。

どんな歌でも、歌いこなすこみちさんは本当に上手い!

もうそれしかない!!

★2016こみち1JPG のコピー

チェックの衣装が可愛らしい



★2016こみち1JPG

「進化する」衣装で

毎年こみちさんが手縫いで、出会った方々をスパンコールにみたて縫い込み、
スパンコールが増えている衣装です


★2016こみち

終演後、ピアノの田村さんと

20:49 | 劇場 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

11月25日〜12月4日 コントだるま食堂「コント60本っ!」

今回の公演は「コントだるま食堂リーダー森下還暦祭り企画」と題し、毎日違うコントを10日間60本演る、というもの。初めてお話を伺った時は「凄い、面白い!」と思ったのですが、次の瞬間「大変!ちょっと無謀?…」と正直不安になりました。

毎日違うネタをやるということは、初日が10日間続くという事?!やっぱり、えらいこっちゃ!だるまさん大変… 音響と照明もその日のネタに合わせて変えたり、音も毎日違うので打ち合わせも毎日。どうなるのかなあと…

初日を無事終え、2日目が過ぎ、3日目。ちょっと間がずれるというか、セリフをお互いに探っているような…。それがまた笑いにつながるのですが、1時間半が2時間になる結果に。そこから、立ち直るというか、巻き返すというか…気を引き締めて稽古、場当たり、本番、打ち合わせの毎日。だんだん皆が慣れてきて、 千秋楽にはこのままずっと続けられそうな気になっていました。ランナーズハイのような状態。チームワークもバッチリ!

「天使のケーキ屋さん」では、ケーキ屋さんの森下さんの手の動きを後ろの白布に影絵のように映すため、白布を振り落とすことにしたのですが、これが思った以上に仕掛けに時間がかかり夜中までの作業となり、やっと成功。ところが翌日、本番でやる星野さんにやってもらったところ、1度目失敗。2度目失敗…昨晩は3度やって3度成功したのに、あれは夢だったのか…時間がないのでハラハラ。原因は星野さんのヒモの引っ張り方にあることが判明し、一件落着!

ボインボインショーでは、だるまさんが舞台上の暗幕の後ろにスタンバイし、暗幕を振り落とすことを提案。着替えの衣装は休憩中にスタッフが片付けることにしたのですが、リハをやってみると舞台裏の衣装がある方が面白い!となり、逆にスタッフが休憩中に衣装をハンガーに掛けることに。

千秋楽はだるまさんに内緒で、ケーキ、祝60の垂れ幕、お客様がクラッカーを鳴らす、お客様と一緒に乾杯のサプライズ。楽しく、充実した10日間でした。毎日だるま食堂を観られるなんて幸せ〜!何歳になっても新しいことに挑戦するだるま食堂の姿勢に、勇気と感動を戴きました。

初めての挑戦を劇亭でやって戴けたことは、光栄であり宝物となりました。

★2016だるま4天使のケーキ屋さん1JPG

天使のケーキ屋さんの白布と手の影絵


★2016だるまケーキJPG

千秋楽 ケーキのサプライズ


★2016だるま千秋楽1JPG

お客様と乾杯!


★2016だるま打ち上げ

打ち上げ!


★2016だるまスタッフJPG

受付スタッフ


★2016だるまスタッフ1JPG

カメラ、物販、会場整理スタッフ


★2016だるま楽

満席のお客様と
15:25 | 劇場 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

11月2日・3日 多田慶子〜よせみて3〜

昨年の「よせみて2」のゲストは、クラウンのラブリー恩田さん。ラブリーさんの絶妙な’間’が舞台に奥行きを出して、楽しかったです。今回は’音’。ピアニストの門田佳子さん。生演奏もいいですね〜。門田さんの演奏は素晴らしい。「地獄のそうべい」の音からクラシックまで。芝居の生演奏は登場したり、退場したり、演奏のタイミングが照明だったり、役者の動きだったり…それに合わせることも大変だったと思います。

多田さんも今回は制作・演出・主演とひとりで本当によく頑張りました。お疲れ様。お客様は前回を上回り、千秋楽は満席で当日のお客様をお断りしてしまい、大変申し訳なかったです。


★2016多田そうべいJPG

落語から「地獄のそうべい」
動きと登場人物の演じ分けが多田さんらしくて楽しい


★2016多田朗読JPG

朗読
「頭の打ちどころが悪かった熊の話」
 どういう訳かこのお話、私は笑えず切なくなりました。


★2016多田動5

「フラメンコ占い」
お客様をまきこんで怪しい占い?が…
こういう時の多田さんは本当に楽しい!


2016多田ジャニス

「似非ジャニス」
安定した面白さで、同世代には「わかる、わかる」というセリフでお客様にも人気。


★2016多田オルガJPG

「シャンソンドラマ」オルガより
多田さんのシャンソンは私の好きな演目
終了後もこのメロディーが耳に残ります。


★2016多田動4JPG

ダンス「しゅうかくの歌」
身体をきちんと鍛えている多田さんの素晴らしさ。

★2016多田門田

ピアノの門田さんと

★2016多田こーちゃんJPG

無事終了で打ち上げ!
若い音響と照明の二人も支えてくれました。



多田さんの魅力をたっぷりと観せてくれました。でも、まがまだ引き出しはたくさんありそう。次回はどんな顔をみせてくれるのか、楽しみです。門田さんのピアノも大変素晴らしく、お客様からも多くのお褒めの言葉を戴きました。大変でしたら毎年でなくてもいいので、長く続けて欲しい公演です。多田さん、頑張れ!
14:18 | 劇場 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

10月28日 カジノフォーリー

「カジノフォーリー」がやってきました。
京都公演から始まり、大阪、岡山をまわり、東京公演が劇亭から。昨年はバーレスクのチェリータイフーンさんが出演されていましたが、現在活動休止に伴い、今回は劇亭でお馴染みのクラウンのラブリー恩田さんが登場。バンドも新メンバーが加わったClap Stomp Swingin。楽しみにしていました。

ラブリーさんがバロンさん、Clap Stomp Swinginと歌って、踊っているのはすごく新鮮で、新しいラブリー恩田誕生!という感じでした。Clap Stomp Swinginもピアニスト岸本さん、クラリネット山下さんが加わり、実に楽しい、素敵なバンドでした。

カジノフォーリーは、いつもワクワク、ドキドキさせてくれる大好きなショーです。お客様と一緒にこの時間を過ごせる事はなんて幸せなことでしょう。毎回違ったショーを観せてくれるバロンさんに感謝です。

リハーサルから
★2016カジノ13JPG

★2016カジノ3JPG ★2016カジノ7


★2016カジノ4

ギター 高田亮介さん


★2016カジノ5JPG

ベース 斉藤一郎さん


★2016カジノ6

ピアノ 岸本良平さん


★2016カジノ2

クラリネット 山下拓郎さん


★2016カジノ9JPG ★2016カジノ8

★2016カジノ11JPG

おでんでささやかな打ち上げですが、楽しかった!


★2016カジノ10

音響の西真紀さん


★2016カジノ12

 翌日お世話になっている「アロマ」で朝食


01:08 | 劇場 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

10月23日「ナオユキ&小浜田知子」ライブ

ナオユキさんも小浜田さんも劇亭初出演。そして、プロデューサーは大阪在住。夜行バスで往復するという荒技。劇亭企画ではないのですが、やはりプロデューサーが離れているのは不安で….

遠峰あこさんの「ぷれみあむナイト」のプロデューサーも離れてはいるのですが、月に何回かは東京に戻られるので公演までに何度も打ち合わせができます。今回は本番当日だけ。チラシの配布も気になり常にチラシを持ち歩いて、いろいろなライブに行くたびにチラシの折り込みをしたり、知り合いに渡したり頑張ったのですが、お客様が薄かったのは残念。でも、初めてお二人を観たお客様がすごく楽しんでくれたのが、嬉しかった!ほんとに、二人とも面白かった。

ナオユキさんが語る酔っ払いたちは、場末の立ち飲み屋やスナックで飲み、ぐだぐだと愚痴を言い、泥酔する男と女。どこにでもいそうな酔っ払いたち。ナオユキさんは全ての酔っ払いを生き生きと語りわける。何度聴いても面白い酔っ払いたちと、ツッコミ。いい時間をいただきました。

★2016ナオユキ1JPG

リハーサル中のナオユキさん


★2016ナオユキ2JPG

本番中のナオユキさん



小浜田知子さんは初めてお会いしました。開場時間近くまでピアノに向かっていて、緊張されているようでした。ライブはちょっと毒のあるコミックソング?で楽しい〜。小芝居のような動きも入れ、サービス精神旺盛。素敵な声と歌唱力なのに、集客に苦労するご自分のことを「限界集落」と呼ぶが、決してそんなことはない。

★2016こはみん1

背中に天使の羽をつけての登場



★2016こはみん2

スケバンの衣装で

22:42 | 劇場 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

柳家東三楼一座公演

今年の夏、劇亭夏祭りの「噺劇」に出演くださった柳家東三楼師匠が、10月5日から9日までの5日間、「みんなで落語、ひとりで落語」と題し、「らくご劇と落語」の公演をされました。

上野から平台を運び、しっかり舞台を作りました。ゴザを敷き6畳の和室の出来上がり。狭くなるのではと思っていたら、なんだか広くなった感じがするのは不思議。花道もある昔の芝居小屋になりました。

らくご劇は、しっかりした芝居をされる役者と若手の元気な芝居と、落語家の芝居とそれぞれの芝居を楽しみました。再演があるかも…とか?

落語劇  
厩火事  文違い  幾代餅

★2016落語JPG

りっぱな舞台ができました。


★2016落語2JPG

後ろの幕もこの舞台に合ってますね。


★2016落語3JPG

「劇亭夏祭り」以来2度目の出演
お囃子の岡野鏡ちゃんが大阪から参戦。
大活躍。



★2016落語1JPG


東三楼師匠
11:43 | 劇場 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

演の祭典

ゲネしか拝見できなかった「おしゃれ紳士・番外編」
カッコよかった!
狭い劇亭で踊るのは大変なことですが、狭さを感じさせない踊りに感心。


★2016演おしゃれ5

★2016演おしゃれ2JPG


★2016演おしゃれ1JPG


★2016演おしゃれ3JPG

15:27 | 劇場 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

演の祭典

毎回違う方々の出演で大変楽しませていただいた「演の祭典」。
今年は一段と大きく展開したイベントに成長した感じ。


★2016演六ディムJPG
即興演劇ロクディム

拝見できず、残念。観たかった!


★2016演おなごん
ダンス&アクト おなごん!

それぞれのキャラクターの女の子が踊りあり、
芝居ありで楽しく観せてくれました。



★2016演まことJPG
芸人まこと独演会

「本質と現実と真実」難しそうなこのタイトルをものすごくわかりやすく説明。可笑しい。
なんとも言えぬ表情と、想像できるオチなのに笑ってしまった。
15:20 | 劇場 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

9月23日〜25日 「演の祭典」

9月25日無事終了した浅草演劇祭「演の祭典」、浅草六区大道芸フェスティバル。昨年に続き今年も劇亭を使ってくれました。3日間で5組9ステージ。関係者の皆様、本当にお疲れ様!劇亭での公演を全て拝見出来なかったのが残念。その中で衝撃の出会いをしたのが、"カナールペキノワ"。なんともシュールで、ポカンとしている間に別の世界に引きずり込まれました。食べたことがない物を噛まずにゴクンと呑み込んでしまった感じ。もう一度じっくり観て味わいたいです〜。


★2016演カナペキ



★2016演カナペキ1


★2016演カナペキ2

14:50 | 劇場 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

9月14日「血縁キャバレー」

今年2月町田”まほろ座”で、この「血縁キャバレー」を観て、すっごく楽しかった。サトコさんがバロンさんに話す言葉が”お姉ちゃん”で、それを聞くバロンさんはまさに”弟”で、妹のバーレスク後の衣装の片付けをするバロンさんは”お兄ちゃん”で…それがとっても楽しく、可笑しく、ワクワクするライブでした。

バロンさんが9月に劇亭でライブをやることになったので「血縁キャバレー」を、とリクエストしました。ちょうどサトコさんが松山(サトコさんは松山在住)から出てくるというので、決定!楽しみにしていました。

当日午後サトコさんが松山から到着し、すぐ打ち合わせ、音合わせ。さすが姉弟、何度も共演されているベース工藤精さん。

音響は西真紀さん。真紀さんは劇亭をよくわかってくれているので安心。照明は私。久しぶりのオペ。「楽しもう〜」とノー天気に思ったのもつかの間、私が照明をやると受付がいない!急遽、ラブリー恩田さんが引き受けてくださり、感謝!

1週間前にはご予約が少なく、どうなるかと心配していたのですが、当日のお客様もいらして満席!嬉しい!
私も受付を手伝い、ブースを上ったり降りたり。疲れた〜!!翌日は気が緩んでフラフラ。

ベースで歌うサトコさんの「喝采」で始まりました。上手い!「サトコさんの喝采」になっていました。妹ライスさんのバーレスク「イカ母さん」は大笑。大きなイカの足を肩にかけて登場し、最後はその足から赤ちゃんイカが3匹でてきました。先月お父さんになった兄バロンさんへのお祝いだそうです。それにしても手作りの「巨大イカの足」よくできていました。リハーサルで姉のサトコさんがバーレスクの妹に「エロさ」指導しているのが可笑しかった。

大人がおもちゃ箱をひっくり返して、皆んなで楽しく遊んだような満足感と軽い疲労感。楽しかった!


★2016血縁11JPG

長女・中ムラサトコさんの声はいつ聴いても素晴らしい。
おおらかさと繊細さと、笑顔は最強。




★2016血縁1

三人揃って賑やかに、華やかに

★2016血縁13JPG

ベース工藤精さんと全員揃ってフィナーレ
20:45 | 劇場 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

9月9日、10日 遠峰あこ「ぷれみあむナイト4」

年に1度の企画で、もう4年目。
昨年に続き2部は「芝居仕立ての唄劇」。

昨年の続編のようなお話しですが、今回初めて観ても違和感ないように書いたつもりでしたが、やはり初めての方にはわかりにくかったようで申し訳なかったです。昨年は曲目が先に決まっていてストーリーを作りましたが、今回は逆で筋書きだけがあって曲が後。そして、あこさんはパリ滞在が多く、日本にいない。正直、今年は「唄劇」無理かな〜と、すごく心配しました。台本を少し手直しをして、あこさんがパリから帰国するのを待ちました。テロにあわず、無事に帰国したのがライブ4日前。ほっとしました。

あこさんは帰国したその足で、ピアノのマコさんのもとで音合わせ。翌日は劇亭で役者の野上さん、演出の遠藤と唄劇の稽古。本当に頑張ってくれました。時差ぼけは大丈夫かと身体が心配。なんだか心配ばかりしていたような…
稽古で台本に足りない台詞をあこさんが書き足し、本番をむかえました。

舞台装置も今回はちょっと凝って、1部ソロライブではあこさんの後ろに暗幕を吊るし、2部が始まる前に振り落し、お店のセットが現れるという仕組み。これまた、ちゃんときれいに暗幕が落ちてくれるのか…心配。初日はきれいに落ちてほっと。2日目は引っかかった!でもなんとかなってほっと。

終わってみると、やはり課題はいろいろ出てきました。ああしたほうがいいのでは、こしたほうがよかったのではと…。来年は「ぷれみあむナイト」も5年目。どんなライブになるかな〜。

★2016ぷれみあむ1

稽古風景



★2016ぷれみあむ6JPG

マコさん、ちょっと天然のところが(笑)




★2016ぷれみあむ2JPG

きれいにたくさん出す工夫をいろいろ考えたシャボン玉
シャボン玉使用はあこさんの希望、バッチリ合っていたと思います


★2016ぷれみあむ3JPG


野上さんとの芝居もだんだんこなれてきました


★2016ぷれみあむ7JPG

関係者のみのほっと、まったり打ち上げ
無事におわったー!
18:16 | 劇場 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

7月31日 JAZZ LIVE

今年も高橋オールスターズの出演。ベースの柳原さんは劇亭初出演。そして、ナント、タップダンサーの方とタップダンスの共演!タップダンサー小池さん、素晴らしかった!たくさんのお客様で、劇亭JAZZ LIVE新記録。


★2016JAZZ

高橋オールスターズ
皆さん、お元気でなにより(笑)


★2016jazzタップJPG

タップダンサー小池一樹さん
中野ブラザースのお弟子さんだそうです。かっこいい!



★2016JAZZ ナオミJPG

劇亭看板娘ナオミちゃんも歌ってくれました。久しぶり〜。




全ての公演が無事終了。今年の夏祭りは、気がつけば異業種コラボが多かったです。
津軽三味線とピアノ、噺家と役者、ぬけさく芸とクラウン、紙芝居と語り芝居、JAZZとタップダンス。「劇亭だから観られる…」といわれるような企画ができたらいいな…。私の夢かな。

17:38 | 劇場 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

7月30日 紙芝居屋とらちゃんとお話むーさんがやってきた

宮沢賢二の一人語り芝居で3回劇亭を使ってくださった川島むーさん。劇亭以外の公演も拝見していました。紙芝居屋とらちゃんは、昨年劇亭での「話のプレゼンツ」という公演に桂九雀師匠、世弥きくよさん(「セミとクジャク…」に出演)と一緒に出演されていて、「自転車の紙芝居屋さんを若い女性がやっている!」と驚き、懐かしく、頼もしく、うれしくなりました。

川島むーさんが大阪に引っ越しをされると聞き、是非何かをと考え、紙芝居屋とらちゃんとの共演を思いつきました。今年4月むーさんの公演にとらちゃんを誘い、お二人はご対面。すぐに話がまとまり、夏祭りの参加が決定しました。

当初私は子ども向けのものを1回公演で、と考えていたのですが、お二人が「是非、夜公演も」ということで、夜は「夏の夜話」と題し、大人向け公演になりました。

その際、「できればお二人で何か1つの作品を作っていただけたら嬉しいです」と、無茶を承知でお願いしたのですが、「お忙しいお二人の負担になっているのではないか」と後悔しました。しかし、お二人は私の想像通り、いや想像以上に気が合い、短時間のうちにとらちゃんが「ももうりとのさま」の紙芝居を作り、語り、むーさんが演じ、楽しい語り芝居を作り上げました。子どもにも大人にも大変好評でした。お二人は姉妹のように仲がよく、共演していただいて本当によかった。お客様からも「二人で続けて」というお声を多くいただきました。東京と大阪、新しい展開ができるといいな〜。


★2016とら

夜の部 紙芝居「耳なし芳一」を演るとらちゃん



★2016むーJPG


語り芝居 宮沢賢二「くーねずみ」を演じるむーさん



★2016とら&むー


二人で演じた「ももうりとなさま」
15:07 | 劇場 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

7月17日 奈月れい

れいさんのソロライブも4回目。ロスインディオスの女性ヴォーカルとしてもデビューし、益々忙しく活躍されているれいさんが今年も劇亭夏祭りに参加してくれました。劇亭繋がりの金子ざんさん、ざんさんの教え子三遊亭遊子さんも応援にかけつけてくれました。”劇亭仲間”の仲の良さがとても嬉しかったです。どんどん”劇亭仲間”が広がってくれたら…と、私の妄想が膨らみます。


★2016奈月1JPG

新曲「明日へ」も披露


★2016奈月ざん

金子ざんさんが応援にかけつけ、ぬけさく芸の”田谷りきみ”を演ってくれました





16:10 | 劇場 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。