浅草にちっちゃな小屋ができるまで  2010年10月
2010年 10月
30日(土)
29日(金)
26日(火)
26日(火)
26日(火)
09 | 2010/10 | 11

観劇 11 ドラマリーディング「シングを読む」

演劇集団円の「シングを読む」のリーディングを聴いてきました。シングという作家も初めて、リーディングも初めてでした。シングの影響を受けたといわれる作家マーティン・マクドナーの三部作を円で公演した際、三作品を拝見したのですが、どうしてもこの戯曲が「面白い」とは思えず、今回のリーディングの演出がこのマクドナー作品二本を演出された森さんだったので、ちょっと興味があり聴いてきました。アイルランドが舞台なのですが、アイルランドの風土、歴史に明るくないので、その戯曲が「どうしてそんなに暗いの?」「どうして救いのないこの芝居が面白いの?」という疑問だけがいつも残りました。リーディングになると、芝居以上に言葉が聞こえてくるように思います。「谷の影」「海に騎りゆく者たち」の2本でしたが、「谷の影」は、まるで舞台を観ているように、こちらの想像力をかきたてました。リーディングの後、早稲田大学教授と森さんの、シングがベケットやマクドナーに与えた影響についてのお話は大変面白かったのですが、残念ながらシングの面白さはまだわかりませんでした。ただ、リーディングはいいなと思いました。また是非やってほしいです。千円は安い!
スポンサーサイト
23:19 | 観劇 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

電信柱

電信柱

今、小屋の前には2本の電信柱が立っています。前のものが古くなったので取り替える工事をしているのですが、実は家を立て替える時に、古くて斜めになっているこの電信柱を移動できないものかと東京電力に相談したところ、自費になり、大きく場所を移動するのは無理ということだったので、諦めました。ところが今度は、東京電力から電信柱の取り替えの話がきました。やはり大きく移動はできませんが、2メートル位動かし支えていた黄色の柱もなくなります。待ってみるものですね。出来ることなら、電線を地中に埋めてもらいたいです。浅草はいつ電線の無い空が見られるのでしょうか?
20:50 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

来訪者

赤とんぼ

玄関の引き戸に赤とんぼが止まっていました。こんな緑のない街にも、季節の来訪者があるのですね。ずっと動かずにいたのですが、夕方飛んでいってしまいました。引き戸の桟は止り難かったでしょう。どこか居心地のいい所があるといいのですが、見つけられたでしょうか…
23:38 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

相撲

相撲

大相撲のチラシが郵便受けに入っていました。今までにも、こうしてチラシが入っていることがあったのでしょうか?私は初めてなので、ちょっとビックリ。小屋があるこの辺は昔、大相撲が始まる前に「ふれ太鼓」といって、「大相撲が始まりますよ」と太鼓をたたいてふれ廻り知らせてくれました。2人が太鼓を担ぎ、1人がたたくという3人で廻っていたと思います。いつの頃からか太鼓の音が聞かれなくなり、そのうちすっかり忘れてしまいました。近所に御贔屓さんがいらして、廻ってきたのでしょうか。そのへんの事情はよくわかりませんが… まさかこういうチラシになってポスティングされるとは、やはり時代が変わったということなのでしょう。今は相撲も大変な時。「ふれ太鼓」を復活させて、もっと地域にアピールしたらどうですかね。他の地域はまだ廻っているのでしょうか? 

「ふれ太鼓」懐かしいな。また廻ってこないかな… 
09:54 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

アロマにて

アロマ 岡大介

岡大介さんとおののこみちさん


以前紹介したコーヒー屋さん「アロマ」でフォークシンガーの岡大介さんと「お笑い浅草21世紀」に出演されている、おののこみちさんにお会いしました。初めてお目にかかったのですが、とても気さくにお話してくださり、公演の予定を教えていただきました。

岡大介さんは、ギターとカンカラ三線で明治・大正演歌・昭和歌謡もうたえるフォークシンガーで、東京都内を中心にライブハウスや居酒屋、イベント出演、施設慰問等活躍中!
岡君 東洋館

明後日だ!



おののこみちさんは、歌がとてもうまくCDも出されたとか。出演されている「浅草21世紀」は毎月公演しているそうです。さっそく来月の公演を観に行こうと思っています。すごく楽しみ~!
21世紀



01:15 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑