浅草にちっちゃな小屋ができるまで  2016年10月

10月23日「ナオユキ&小浜田知子」ライブ

ナオユキさんも小浜田さんも劇亭初出演。そして、プロデューサーは大阪在住。夜行バスで往復するという荒技。劇亭企画ではないのですが、やはりプロデューサーが離れているのは不安で….

遠峰あこさんの「ぷれみあむナイト」のプロデューサーも離れてはいるのですが、月に何回かは東京に戻られるので公演までに何度も打ち合わせができます。今回は本番当日だけ。チラシの配布も気になり常にチラシを持ち歩いて、いろいろなライブに行くたびにチラシの折り込みをしたり、知り合いに渡したり頑張ったのですが、お客様が薄かったのは残念。でも、初めてお二人を観たお客様がすごく楽しんでくれたのが、嬉しかった!ほんとに、二人とも面白かった。

ナオユキさんが語る酔っ払いたちは、場末の立ち飲み屋やスナックで飲み、ぐだぐだと愚痴を言い、泥酔する男と女。どこにでもいそうな酔っ払いたち。ナオユキさんは全ての酔っ払いを生き生きと語りわける。何度聴いても面白い酔っ払いたちと、ツッコミ。いい時間をいただきました。

★2016ナオユキ1JPG

リハーサル中のナオユキさん


★2016ナオユキ2JPG

本番中のナオユキさん



小浜田知子さんは初めてお会いしました。開場時間近くまでピアノに向かっていて、緊張されているようでした。ライブはちょっと毒のあるコミックソング?で楽しい〜。小芝居のような動きも入れ、サービス精神旺盛。素敵な声と歌唱力なのに、集客に苦労するご自分のことを「限界集落」と呼ぶが、決してそんなことはない。

★2016こはみん1

背中に天使の羽をつけての登場



★2016こはみん2

スケバンの衣装で

スポンサーサイト
22:42 | 劇場 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

柳家東三楼一座公演

今年の夏、劇亭夏祭りの「噺劇」に出演くださった柳家東三楼師匠が、10月5日から9日までの5日間、「みんなで落語、ひとりで落語」と題し、「らくご劇と落語」の公演をされました。

上野から平台を運び、しっかり舞台を作りました。ゴザを敷き6畳の和室の出来上がり。狭くなるのではと思っていたら、なんだか広くなった感じがするのは不思議。花道もある昔の芝居小屋になりました。

らくご劇は、しっかりした芝居をされる役者と若手の元気な芝居と、落語家の芝居とそれぞれの芝居を楽しみました。再演があるかも…とか?

落語劇  
厩火事  文違い  幾代餅

★2016落語JPG

りっぱな舞台ができました。


★2016落語2JPG

後ろの幕もこの舞台に合ってますね。


★2016落語3JPG

「劇亭夏祭り」以来2度目の出演
お囃子の岡野鏡ちゃんが大阪から参戦。
大活躍。



★2016落語1JPG


東三楼師匠
11:43 | 劇場 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑