浅草にちっちゃな小屋ができるまで  老眼 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

老眼 

しっぽ1
                簡単そうで難しい技?

このところ少々体調が悪い、というより疲れが取れず溜まる一方のような状態です。少し動いても足から疲れ始め、上にあがってきます。寝ても取れません。「年だから」と言ってしまえばそれまでなのですが、何とかしなくては…運動不足も重なっているのでしょう。せっかく「モナカ興業」の芝居を楽しみにしていたのですが、観に行かれませんでした。とりあえずビタミン剤でも飲んでみましょうか。果たして効き目があるやなしや。なにか良い方法はないかな…

だいぶ前に眼鏡を壊してしまい、仕方なく古い眼鏡を使っていたのですが、やはり目に合わずとても疲れるので、新しく作り直そうと眼科で検眼をしてもらいました。最近、芝居を観ていても舞台がぼやけることがあり、見えずらくなりました。これはとても悲しくなります。

検眼は昔の壁に張ってある例のあれではなく、画面をのぞいてやりますよね。でも、壁にはちゃんと例のものが張ってあり、どうしてもやりなれた壁の検眼をやりたくなってしまいます。画面をのぞいていると、「何となく見えればいいんですよ」と声をかけられ、「何となくって、カンでもいいの?」と思い、見えにくいところは「何となく」答えたのですが、どうも当たっていたようで、医者に「老眼鏡の度数を今の眼鏡より1つあげればいいでしょう。緑内障も大丈夫」と言われました。舞台が見にくい事を話すと、「視力は2・0ありますよ。悪い人が聞いたら羨ましがりますよ。これをどうにかしろと言われても」と笑われてしまいました。人間、正直が一番。見えないものは見えないと言うべきでした。悪い事はできませんね。年をとるとハッキリと見えなくても仕方がないのでしょう。これからの観劇は、かぶりつきかな…
スポンサーサイト

00:53 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
わらびもちとそば打ち | top | 明治維新展

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://asakusaenko.blog51.fc2.com/tb.php/103-c3971a15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。