浅草にちっちゃな小屋ができるまで  そば打ち

そば打ち

そば打そば1


初めての「そば打ち」に行ってきました。あっという間に打ちあがった感じです。初めてなので、先生が手取り足取り教えてくださいました。そば粉8、小麦粉2の二八そばです。

そば粉と小麦粉を計って、ふるいにかけます。
塊で残っているものは、手で崩してふるい、こね鉢でよく混ぜ合わせます。
そばの香りがとても良く、出来上がったそばとは、またちょっと違った香りのような気がします。ここまでは順調。

次に水を200 cc入れ、両手でよく混ぜます。力はいらないようですが、ずっと手を動かします。次にまた15 cc位入れて混ぜ、また半分を入れて混ぜ… この水の量が難しいようです。その日の気温にも左右されるとか。なるほど。 

混ぜた物を集めて捏ねます。何度も何度も捏ねます。粘土遊びの要領でいいのかな。
次にのし棒でのして、丸くのばしていきます。
そして丸くのばした蕎麦を今度は、四角にしていきます。それを「四つ出し」というそうです。先生の言われるままに手を動かしていただけなので、丸くのばしたものが今度はのばしながら四角になったのが、ただただ不思議。

たたんで打ち粉をして、切ります。切るのは難しいです。左手は添えるだけと言われても力が入り、右手は包丁がうまく動きません。案の定、そばの太さはバラバラ。それでも何とか出来上がりました。お店の方で茹でてくださり、いよいよ試食。そばの香りとそばの味、なかなか… 先生のそばつゆは美味しかったです。残りは持ち帰り、戴いたそばつゆで夜は温かいそばを食べました。温めるとまた味が変り美味しかったです。茹で方では、温かいそばでも一度氷水でしめる事を教えてもらいました。

やはり、「そば打ち」の奥は深そうです。
スポンサーサイト

12:55 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
エネミイ | top | 亀有

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://asakusaenko.blog51.fc2.com/tb.php/106-6dbd7370
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)