浅草にちっちゃな小屋ができるまで  観劇7 「死んでみたら死ぬのもなかなか四谷怪談ー恨ー」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

観劇7 「死んでみたら死ぬのもなかなか四谷怪談ー恨ー」

四谷怪談

演劇集団円公演「死んでみたら死ぬのもなかなか四谷怪談ー恨ー」を、シアタートラム(三軒茶屋)で観てきました。

14時開演だったのですが11時過ぎに三軒茶屋に着いて、同行者のお薦めの「東京餃子楼」の開店を待って入り、「焼き餃子」「チーズ餃子」「もやし」を食べました。開店前から数組が並ぶ有名店のようです。「焼き餃子」はニンニクとニラ入り、「チーズ餃子」は水餃子で注文。どちらも美味しかったです。「チーズ餃子」はラー油だけを付けて食べても美味しかった。「もやし」は、茹でたもやしの上に肉味噌がのっていて、これまた美味しい。お腹いっぱい、幸せ気分でお店を出ました。

食後ものんびりして、開場10分前位に小屋に行くと、もう受付で整理券が配られ、ロビーに人がたくさんいました。全席自由席なので、早目に行くように聞いていたのですが、整理券はすでに100番を超えていて、着席しようと決めていた席は絶望的状況… 「のんびりしすぎた!失敗!」今回は舞台が張り出された形で、上手、下手、正面と三方に客席が作られていました。結局桟敷席に座りましたが、正面だったので観やすかったです。

生の太鼓の音で芝居が始まり、その後も太鼓がとても効果的で本当に生の音は素敵でした。芝居が終わっても耳と心に残りました。

私の知っている四谷怪談とは視点が違い興味深かったのですが、描ききれていない部分があるように思います。
原作は歌舞伎の台詞なのでそうなのですが後半、台詞で全てを語ってしまうのは、面白味にかけるのでは… 

しかし、しっかり演出された、森さんの力が見える舞台だと思いました。
スポンサーサイト

21:21 | 観劇 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ついに… | top | 厄日

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://asakusaenko.blog51.fc2.com/tb.php/131-32e65505
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。