浅草にちっちゃな小屋ができるまで  シャガール展

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

シャガール展

シャガール

芸大内のポスター

毎度のことなのですが、チケットはずーと前に手に入れていても、展覧会の期間が長いと「まだ大丈夫」と、ついつい後回しになり、気がつけば残り少ない日にち… 11日までの「シャガール展」に駆け込みで行ってきました。10時開場で10時半前に到着。入場は並ばずに入れましたが、会場内はいっぱいでした。女性が多く、ベビーカーを押して鑑賞してる若いママさん、杖をついての高齢の方、孫と娘さんとおばあちゃんの三世代で来てる方… 女性はたくましいなと思いました。

今回はシャガールだけでなく、ロシアの画家の作品も展示されていました。展示室内でシャガールのドキュメンタリー映画の上映が1時間弱あり、観てから回るとまた違った見方ができました。「シャガールってハンサムだったんだな」なんて思ったりして… 

私が心惹かれたのは、「空飛ぶアトラージュ」の何ともいえない世界。なかなか離れられませんでした。
「緑色の恋人たち」の緑と赤。素敵過ぎます。
「彼女を巡って」は、愛妻の急逝で悲嘆に暮れた翌年制作されたそうですが、深い青がいつまでも残りました。

舞台美術、衣装のデザイン画も展示され、「シャガールの絵の前で、絵に負けない芝居をするのは大変だろうな」と余計な事を考えてしまいました。

「ロシアの前衛芸術家たち」の作品もとても新鮮。

会場の東京芸大まで自転車で行ったので、久しぶりに上野公園を走ってきました。
木々の緑、風… 気持ちよかった!
美術館、博物館、奏楽堂、東照宮、黒門… 上野公園は、やっぱり素敵だ!

シャガール1

上野公園内のポスター
木々の中に立っていて、とてもいい感じ
スポンサーサイト

09:27 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
観劇 9 シーンズフロムザビッグピクチャー | top | かっぱ橋道具まつり

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://asakusaenko.blog51.fc2.com/tb.php/152-0d9e7210
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。