浅草にちっちゃな小屋ができるまで  観劇 14 メリーさんの羊

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

観劇 14 メリーさんの羊

メリーさん
三谷昇さんのイラスト

11月6日下北沢「楽園」で「メリーさんの羊」を観てきました。「楽園」は初めてです。昔、渋谷に「ジャン・ジャン」という小さな劇場がありましたがよく似ています。「ジャン・ジャン」では、この戯曲を別役実さんに依頼した中村伸郎さんが上演し、毎週金曜日にはイヨネスコの「授業」を上演されていました。残念ながらその時の「メリーさんの羊」は観ていないのですが、中村伸郎さんが老人役で、三谷さんが青年役だったそうです。私が観たのは中村さんの「授業」だけです。2007年シアターXで「メリーさんの羊」を観たのですが、この芝居は「楽園」のような小さな劇場で公演してこそ、面白味が伝わるとつくづく思いました。テーブルの上で走る機関車の動きと役者の芝居との息づかいも伝わってきます。三谷昇さんの芝居が、なんとも良かったです。中村伸郎さんが亡くなられた今、この役は三谷さんのためにあるような気さえしてきます。力まず、それでいて緊張感のある別役の世界を観せていただきました。ちょっとふっくらされて、お元気そうな三谷さんに安心しました。
スポンサーサイト

14:37 | 観劇 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
観劇 15 浅草21世紀 11月公演 | top | 写真展

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://asakusaenko.blog51.fc2.com/tb.php/174-2ba18938
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。