浅草にちっちゃな小屋ができるまで  偲ぶ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

偲ぶ

松岡先生


先日、35年以上大変お世話になりました松岡先生の「松岡励子先生記念会」に出席させて頂きました。
松岡先生は、長年お茶の水のYWCA劇グループの指導をされ、公演の際、相方が照明をやらせていただいていました。私もほとんど毎回仕込みからバラシまで参加し、出産後、小さい子供を連れての仕込みも、温かく見守って下さいました。

我が家のクリスマスは、2人の子供を連れてのYWCAのクリスマスページェントの仕込みでした。子供が大きくなり、成人してからも先生は「また背が伸びたんじゃないの」と声をかけてくださり、そのお姿が忘れられません。

我が家はクリスチャンではありませんが、毎年クリスマスに、先生がお書きになったイエスさまのお芝居を、子供たちに観せてこられたことは、大変幸せなことだったと感謝しています。

松岡先生1

先生が天に召され、劇グループも解散し寂しくなりました。しかし、この日は久しぶりに、クリスマスページェントの際にいつも一緒に出演されていたコーラスの方々の唄を聴き、大変嬉しかったです。

三谷さん

長年先生のお芝居に出演され、親交の深かった役者の三谷昇さんのお話はいつも楽しく、お元気なお姿を拝見して安心しました。11月には、「メリーさんの羊」を再演されるとか。凄いです!
スポンサーサイト

22:03 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
銀座で浴衣 | top | 恵比寿の夜

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://asakusaenko.blog51.fc2.com/tb.php/306-70ffcf19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。