浅草にちっちゃな小屋ができるまで  カジノフォーリーvol.5

カジノフォーリーvol.5

2012カジノ


「カジノフォーリー」とは、「ボードビル」とは…

「カジノフォーリー」は、昭和初期浅草にエノケン(榎本健一)が参加した軽演劇の劇団。

「ボードビル」は、歌、踊り、手品等のあるショービジネスのこととか。

なるほど! 

バロンさんのあの、ほわっ、ふわっとした空気がたまらなく好き。

初めて観る「バーレスク」。照明を楽しく作らせてもらいました。

「カラオケパントマイム」歌詞の内容と違う発想の動きがすごーく面白くて、笑った。

「コメディー」?の加納さんは、リハーサルから可笑しくて、はまってしまいそう。

バロンさん以外の方は、初めてお会いしたのですが、皆さんご自分の世界、表現をきっちりお持ちで感心しました。短時間のリハーサルだけで本番にのぞみ、お客様を楽しませる実力の凄さ。

楽しく、幸せな夜でした!

また是非、お会いしたいです。お待ちしております。
スポンサーサイト

13:35 | 劇場 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
神楽坂女声合唱団 | top | 明日で〜す

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://asakusaenko.blog51.fc2.com/tb.php/423-e109e102
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)