浅草にちっちゃな小屋ができるまで  7月8日〜10日「セミとクジャクの噺劇」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

7月8日〜10日「セミとクジャクの噺劇」

昨年、劇亭を使ってくださった世弥さんに「夏祭りに参加しませんか?」と声をおかけしたのが2月くらいでしたか、その後すぐ、世弥さんと桂九雀師匠の落語会にお邪魔して夏祭りのお話をしたところ、すぐに話が決まり出演してくださる事になり…世弥さんと九雀師匠は昔からのお知り合いで、大阪で一緒に芝居をしていたお仲間。日程も決まり、演目も決まり、とんとん拍子かと思われたのですが、それからが世弥さんの産みの苦しみが始まりました。

役者が揃わない。声をかけた役者さんたちと皆スケジュールが合わない。どうしたものかと心配でしたが、落語をよくわかっていて、その所作もできる役者となると私にはどうすることもできません。柳家東三楼師匠の出演が決まり、あと一人。この時点でもうチラシを作らなければならず、最初のチラシを印刷しました。それなので最初のチラシは桂九雀師匠、柳家東三楼師匠、世弥きくよさんの三人の写真だけでした。

そして最後に田森就太さんが決まりほっとしたところで、活動弁士さんが二人出演すると聞き、今度はびっくり。世弥さんに話を聞くと、活動弁士の出演するライブに行ったところ、「すごくよかったので、今回の公演に是非出てもらいたい」とのこと。急遽、新しいチラシを作りました。


★2016セミ1


劇亭で稽古をしている時に何度か見せてもらい、東三楼師匠の言葉のアクセントや所作のダメ出しが、すごく勉強になりました。活動弁士片岡一郎さん、坂本頼光さんの独特の口調も新鮮でした。


★2016セミ2


九雀師匠が下座さんの岡野鏡さんと大阪からいらっしゃたのが公演前日。それからは鳴り物が入り、細かい直しがあったり、あっという間に本番になりました。


★2016セミ3


本番は九雀師匠、東三楼師匠の落語が一席ずつあり、噺劇「転宅」「鰍沢」がありの、落語三昧な公演でした。落語家さんは芝居も上手い!やはり、芝居も落語も”間”が大事なんだと改めて思いました。

★2016セミ5



★2016セミ4

打ち上げ!
スポンサーサイト

14:07 | 劇場 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
7月16日 ぬけさく芸&Kaja | top | 今年の「劇亭夏祭り」終了

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://asakusaenko.blog51.fc2.com/tb.php/552-2f88618e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。