浅草にちっちゃな小屋ができるまで  得手不得手

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

得手不得手

yadokarijpg.jpg

当たり前のことですが、人には得手不得手があります。何をやらせてもそつなくこなす人と、その逆な人。私は圧倒的に不得手の方が多い。不得手のなかにもランクがあり、得意ではないが何とかできる、頑張ってやってもそこそこ、全く出来ない…。日常生活ではさほど不自由はないのですが、ちょっとした時に現れて思い知らされます。私の最も不得手なことは、整理整頓。これは大人になってから気がつきました。相方がこの分野の達人に近い才能の持ち主だからです。

例えば、私の片付けは机の上の物を引き出しに押し込んで終了。引き出しの中は、気にならない。相方の片付けは、引き出しの中まできっちり仕分けされている。本は本棚に入っていればいい私。縦だろうが横だろうが入り方はさほど気にならない。相方は本の高さまでそろえる。旅行に行こうと私が荷物を鞄に入れると入りきらない。相方が入れると魔法のように入ってしまう。こうなると私は完敗し、この件からは手をひきました。すると益々不得手になり、家の中の物が何がどこにあるのかわからなくなってしまい、我が家であって我が家でないような気分。相方に電話をかけて、探し物の在処を聞くことも度々。しかしこの程度は、日常においてさほど問題にはならないのですが(そう思っているのは私だけかも)、今回のように「引っ越し」となると、話は別。相方がいないとどうにも荷物が片付かないので準備が進まず、気分が落ち込みそうになります。相方は頭の中に整理整頓された状態が浮かぶと言いますが、私は全く、全く浮かびません。これはもう不得手なのではなく、出来ない!のです。

動物は自分にないものを持っている相手を選んでいるといわれます。それはより強い子孫を残すため。ということは、相方になくて私にあるものが何かあったということなのでしょうか。何だろう?昔最も得意だったことは、どこでもすぐに眠れることでした。もしかしたら、それかな…環境適応能力有
スポンサーサイト

23:12 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
新旧「若者たち」 | top | ワイン

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://asakusaenko.blog51.fc2.com/tb.php/87-c1e5295c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。