浅草にちっちゃな小屋ができるまで 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

7月16日 ぬけさく芸&Kaja

ぬけさく芸の金子ざんさんが今回は、クラウンkajaさんと共演したいとお話をいただき、実現しました。Kajaさんは劇亭初出演。私もお会いするのは初めて。海外のサーカスにいらした経験があると聞き驚きました。海外で活躍されている日本人は、いろいろな分野でいるんですね。頼もしいです。そんなお二人の公演は、ざんさんの濃い〜「ぬけさく芸」の後のKajaさんは、とても爽やかにみえました。お二人で一緒に作った作品を見てみたかったです。私の好きなざんさんの「ひとり京劇」「ひとり文楽」が今年は観られず、ちょっと残念。



★2016KajaざんJPG

衣装も対照的なお二人



★2016ざん&Kaja打ち上げ

ざんさんの教え子さんたちも参加された楽しい打ち上げ
二つ目になられた三遊亭遊子さん、喜劇浅草21世紀の石井誉之さんもかけつけて

15:10 | 劇場 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

7月8日〜10日「セミとクジャクの噺劇」

昨年、劇亭を使ってくださった世弥さんに「夏祭りに参加しませんか?」と声をおかけしたのが2月くらいでしたか、その後すぐ、世弥さんと桂九雀師匠の落語会にお邪魔して夏祭りのお話をしたところ、すぐに話が決まり出演してくださる事になり…世弥さんと九雀師匠は昔からのお知り合いで、大阪で一緒に芝居をしていたお仲間。日程も決まり、演目も決まり、とんとん拍子かと思われたのですが、それからが世弥さんの産みの苦しみが始まりました。

役者が揃わない。声をかけた役者さんたちと皆スケジュールが合わない。どうしたものかと心配でしたが、落語をよくわかっていて、その所作もできる役者となると私にはどうすることもできません。柳家東三楼師匠の出演が決まり、あと一人。この時点でもうチラシを作らなければならず、最初のチラシを印刷しました。それなので最初のチラシは桂九雀師匠、柳家東三楼師匠、世弥きくよさんの三人の写真だけでした。

そして最後に田森就太さんが決まりほっとしたところで、活動弁士さんが二人出演すると聞き、今度はびっくり。世弥さんに話を聞くと、活動弁士の出演するライブに行ったところ、「すごくよかったので、今回の公演に是非出てもらいたい」とのこと。急遽、新しいチラシを作りました。


★2016セミ1


劇亭で稽古をしている時に何度か見せてもらい、東三楼師匠の言葉のアクセントや所作のダメ出しが、すごく勉強になりました。活動弁士片岡一郎さん、坂本頼光さんの独特の口調も新鮮でした。


★2016セミ2


九雀師匠が下座さんの岡野鏡さんと大阪からいらっしゃたのが公演前日。それからは鳴り物が入り、細かい直しがあったり、あっという間に本番になりました。


★2016セミ3


本番は九雀師匠、東三楼師匠の落語が一席ずつあり、噺劇「転宅」「鰍沢」がありの、落語三昧な公演でした。落語家さんは芝居も上手い!やはり、芝居も落語も”間”が大事なんだと改めて思いました。

★2016セミ5



★2016セミ4

打ち上げ!

14:07 | 劇場 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

今年の「劇亭夏祭り」終了

終わりました〜!
長かったような、短かったような、やっぱり長かったかな…

幕開けは7月3日 
津軽三味線
大内清野さんのライブも4回目。今回はゲストに葛岡みちさんをお迎えして、2部はピアノとコラボ。葛岡さんのピアノと大内さんの津軽三味線は「なるほど大内さんはこれをやりたかったのね」という感じで、ボサノバ他を演奏。最後は葛岡さんの電子音と津軽三味線は不思議な音のコラボでした。昨年はお客様が薄かったのですが、今年はたくさんのお客様に聴いていただけて、とても嬉しかった!

★2016津軽

1部ソロ演奏

★2016津軽1

たくさんのお客様と


2016清野3

2部 葛原さんと
11:16 | 劇場 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

おっぱいと唇

5月19日(木)
「おっぱいと唇」は昨年の2月14日バレンタインデーに公演し、私には新たな刺激的な出会いをしたライブでした。

Body PaintUさんのどこか突き抜けたbodypaint、実に面白かった。小さな布を着けた露出の多い姿で登場し、ただただ身体にハケで色を塗っていく。顔も腕も足もお腹もお尻も…。楽しそうに塗って、楽しそうに退場する。ただそれだけなのに、こちらも妙に楽しくなり、笑ってしまう。そんなUさんが今回は「パンツショー」をやった。自作のパンツを次々にはきかえ、値段を言って販売をする。Uさんのそうした発想が面白い。身体に鏡文字や絵を書き紙に写し取るのもUさんの技。
★2016おっぱいU

リハーサルのUさん


★2016おっぱい3人

本番終了後の唯さん ラブリーさん Uさん


2016おっぱい3


今後も一緒のステージに立つことはないのではと思われる、分野の違うメンバーでの公演。それぞれの場で活躍されている女性たちが、年代を超え1つのステージで、各々その個性と共にキラキラしていました。最後にラブリー恩田さん「阿部定」の朗読、、中ムラサトコさんのピアノと歌、全員が舞台上で繰り広げるパフォーマンスは静かな火花が散り、融合し、女性そのもの。生であり性であり、まさにエロスでした。


★2016おっぱいアロマJPG

翌朝、いつもチラシを張っていただいている「アロマ」へご案内〜。


23:57 | 劇場 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

いつもの事ですが…

毎度毎度、ブログにあげるのが遅くて…。いったい何をしているのか、というと何をしているのでしょう、自分でもよくわからないうちに時間が過ぎてしまいます。ただサボっているという訳でもないんですが…いや、サボっています。

5月10日(火)
熊本大分九州支援緊急チャリティーコンサート
全盲のヴァイオリニスト穴澤雄介&ピアニスト野田正純

主催の知人からこの企画の話がきました。一度ライブに伺った穴澤さんのコンサートが、こんなに早く劇亭で開催できるとは思ってもいなかったので、ビックリ。是非劇亭でとお願いし、実現しました。

劇亭の無料使用を申し出たところ、それなら入場無料にして義援金のみお願いするという形になりました。お客様に来ていただけるのか心配しましたが、昼夜共、たくさんのお客様が来てくださり、義援金も目標を大きく上回りました。

穴澤さんのヴァイオリンを初めてお聴きになったお客様が多かったのですが、大変喜んで頂けたようでCDも購入くださり、その一部も穴澤さんが義援金にまわしました。

特別ゲストの元新派女優河合盛恵さんの小泉八雲「十六桜」の朗読もとてもよかったです。河合さんは人気若手歌舞伎役者尾上松也さんのお母様で、歌舞伎のお話もされてお客様も愉しまれていました。


2016チャリティー2

当日スタッフの皆さんと


2016チャリティ1_th

主催者の知り合いの神田鯉栄さんが、真打興行中で忙しい中いらしてくださいました。


2016チャリティー3_th

劇団浅草21世紀の大上座長もおみえになり、河合さんと談笑中

2016チャリティー_th

司会のカルーア啓子さんと河合盛恵さん、神田鯉栄さん


22:41 | 劇場 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

チャリティコンサート

今回の九州の地震に対し、支援チャリティコンサートのお話を頂き、あさくさ劇亭で開催する運びとなりました。皆様、よろしくお願いいたします。

全盲のヴァイオリニスト 穴澤 雄介
&スーパーマルチピアニスト野田正純の夢のチャリティコラボライヴです。

5月10日(火)
    
  開演 14時・19時(開場は30分前)
    
    入場無料(定員40名)
       
チャリティ募金のご協力をお願い申し上げます。

開場時間にお越し頂けますよう、お願い致します。

予約・お問い合わせ nolaqlo@gmail.com
(時間、お名前、人数をお知らせください)

お待ちしております。
11:09 | 劇場 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

劇亭夏祭り

今年の「劇亭夏祭り」参加メンバーが決定しました!

今年は7組。

2014年6組、2015年7組でした。

7月3日(日)津軽三味線清野さん。今年はキーボードの方をゲストに共演します。

8日(金)〜10日(日)上方落語の桂九雀師匠の落語と、役者世弥きくよさん、柳家東三楼師匠他が演じる落語の世界「噺劇」

16日(土)ぬけさく芸の金子ざんさんが、今年はクラウンのKajaさんと共演です。

17日(日)新曲も発売し、人気上昇中の奈月れいさん。

23日(土)今月も出演されたバロンさん。今度はどんなショーを見せてくれるのでしょう。

30日(土)紙芝居屋三橋とらさんと一人語り芝居の川島むーさん。一緒に演って頂きたくてお願いしました。

31日(日)JAZZ LIVE 高橋正博オールスターズ今年はトリです。

今年もいろいろな方々が出演してくださり、どの日も楽しい夏の1日になることと思います。

どうぞ、お楽しみに!

ご予約、お待ちしておりま〜す!

21:19 | 劇場 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

浅香光代さんが…!

先日、世志凡太さんが劇亭に下見にいらっしゃいました。
事前にご連絡を頂いていたのですが、やはりご本人を目の前にするとびっくりします。
その際8日にバロンさんの「Casino Follies」公演をお知らせしました。
世志凡太さんに是非ヴォードビリアンのバロンさんとバーレスクパフォーマーのチェリータイフーンさんを観て頂きたかったんです。

当日、浅香光代さんとお二人で来て下さいました!
出演者もお客様もビックリ。お知らせした私もビックリ!緊張しました。
終演後、厳しいダメだしを覚悟していたのですが、「君たちは本物だ!頑張りなさい。今日は感動した」と褒めていただき、浅香光代さんからも「品があってよかった。本物ですよ」と….。
出演者一同、私も感激しました。

本当にこんなことがあるんですね。

2016バロン2




2016チェリー

お二人の感想を聴くチェリーさんの真剣な表情


2016幸子

私も一緒に撮ってもらいました〜


2016幸子1

ミーハーですみません
23:48 | 劇場 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

初めてです。

浅草本


浅草「ちんや」六代目住吉史彦さんが浮き沈みが激しかった浅草に居続け、老舗の暖簾を守ってこられたのか、いろいろな業種の浅草老舗店主との対談集を出版されました。

どういうわけか、その刊行披露会に参加させていただきました。
「ちんや」に浅草の老舗店主さん、出版関係者、その他いろいろな方がお集りになり、「あ〜、やっぱり場違いだった…」と後悔したものの、二度と味わう事のないであろうこの「場違い」を興味深く拝見しました。みなさんやはり「浅草」という感じの方々で、粋でお話が面白い。

その後にすき焼き懇親会が行われ、いただいたすき焼きの美味しいこと!

浅草で生まれ育った私ですが、サラリーマン家庭で商売とは無縁の環境でした。
劇亭を始めたとはいえ、商売とはほど遠い今の状況で(今後も変わらないと思いますが)、老舗の方々がとても眩しく、只只「すごいな!」と感心していました。

この本をしっかり読んで勉強します。

浅草のバーで対談されているので、いろいろなバーも紹介されています。

対談された方々
江戸趣味小玩具「助六」、弁天山美家古寿司、神輿の宮本卯之助商店、駒形どぜう、割烹一直、おでん大多福、浅草演芸ホール、洋食ヨシカミ、履物辻屋本店
13:11 | 劇場 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

大晦日ライブ!

昨年大晦日もおののこみちさんの歌謡ライブで締めくくりました。

2014年大晦日に始まったこのライブも、昨年は夏と大晦日と2回公演。毎回満員御礼でお客様には窮屈な体勢でご覧になって頂いているのが心苦しく、大晦日は2日間3ステージを考えました。

こみちさんも「頑張ります!」と快諾されてスタート!

29日夜に舞台、照明、音響の仕込みをほぼ終わらせ、30日の昼間に細かい直し、音合わせ、リハーサルをして、夜の本番。本番中アンプの故障で雑音が入り少々聴きにくいものになってしまい、大変申し訳なく、終了後アンプを急遽取り替え、2日目に備えました。

1日目、2日目昼は満員御礼。感謝です。3ステージにしたのですが、やはりこの2ステージの窮屈さは変わりませんでした。2日目夜はゆったり観ていただけました。日程の設定が次回の課題です。

こみちさんのお客様は静岡県や山梨県、前回は故郷鹿児島県からも来て下さいました。3ステージ全てご覧になるお客様もいらっしゃり、ありがたいことです。


2015こ<br />みち大晦日1

1部 真っ赤なジャケットで1曲目「リンゴの唄」で始まり、
「東京ドドンパ娘」「東京のバスガール」「僕は流しの運転手」
「あの娘が泣いてる波止場」「啼くな小鳩よ」「どうせひろった恋だもの」
「銀座の蝶」「人妻椿」「君恋し」の昭和歌謡10曲を歌いました。



2015大晦日こみち4

2部は「進化するジャケット」と名付けられた黒のスパンコールのもの。このスパンコールはこみちさんがご自分で、今迄お会いした方を思い出しながら縫い付けているとのことで、毎年どんどん増えていくそうです。楽しみ。

「無法松の一生」、こみちさんの曲「冬は必ず春となる」、「筏流し」
ステージ毎に1曲(「桜みち」「空港」「おんなの夢」)
「潮来花嫁さん」「おさらば故郷さん」「おいらの船は300とん」
「兄弟船」「馬鹿っちょ出船」「浅草の唄」「浅草パラダイス」の11曲。
1部、2部計21曲を歌いあげました。

いつ聴いても、どんな唄でも「上手いな〜」と感心します。
歌詞をお配りし、お客様と一緒に「浅草の唄」を歌いました。

こみちさん、次回も元気に歌ってくださ〜い!


23:08 | 劇場 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

新年明けましておめでとうございます。

2016年、元旦。

今年もよろしくお願い致します。

どんな1年になるのか、愉しみでもあり、無事に過ごせますようにと祈るような気持ちと…

昨年は大晦日ライブにたくさんのお客様にお越し頂き、1年を締めくくることができました。

昨年の劇亭企画「劇亭夏祭り」「ぷれみあむナイト」「大晦日ライブ」が今年に繋げていかれればと考えています。

今年も元気で楽しく、いきましょう!



昨年12月の公演から

お茶まつり企画「「ヨル♪宮沢賢治’15」

お茶まつり企画川島むーさんは劇亭で3回目の公演です。1回目は2012年でした。むーさんがひとり語る”宮沢賢治”の世界は、やさしい人柄が醸し出すふわっと温かい空気の中に言葉の世界が広がります。ほとんど何もない舞台と生の音が観る者の想像力をかきたてます。

2015むー2


「セロ弾きのゴーシュ」を語り、演じる川島むーさん





2015むー


いろいろな楽器で生演奏をする岩倉さと子さんと。
息の合った素敵なコンビです。








劇団W.I.T 「アンクル・ギャグの小屋 4」~うぃっとの宝船~

劇団うぃっとさんは劇亭で4回目の公演。2014年に初めて拝見した時は「なんだろう、不思議な劇団だな」というのが正直な感想です。おやじギャグの連発。ストーリーがあるようなないような…。女優1名、男優2名の3人で照明、音響もこなしてしまう。不思議さは今も変わりませんが、今回のブラックな笑いが心地いいのは、うぃっとさんのような柔らか頭に少し近づけたのかしら…


2015wit.jpg






00:22 | 劇場 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

わあー、師走!

なんと、なんと、なんと、師走!
それも、半分以上過ぎて、今年もあと少し…
年々1年が早く過ぎて行くと感じるのは、私が年老いて足が遅くなったため?!

今年もいろいろな方が劇亭で公演をしてくださり、新しい出会いがありました。


9月
浅草パフォーマンスプレイスが「浅草六区大道芸フェスティバル」の中で、劇亭で公演をしてくれました。3組の方々が出演され、それぞれ入れ替え制。その都度仕込みのやり直しをされて、大変だったのではと、感心しました。

「デクノボー 童貞、宮澤賢治」 作・演出・出演:重森一

2015パフォーマンス


宮澤賢治を「ニートでパラサイトなボンクラ男」として演じた一人芝居。言葉ではなく、身体で演じた宮澤賢治。身体は何と多くのことを語るのでしょう。身体表現するには、表現できる身体が必要。鍛えられた感性と肉体、素敵でした。





「くす田くす博のつくりかた」 くす田くす博

2015パフォーマンス1


初めは笑いながら聞いていた語りを段々真剣に聞いていました。アクロバティックなパフォーマンスもあり、大道芸人さんの幅の広さを知りました。



『ReSTART』
作・演出:じぇ~むす今川 3-MAN(メランコリー鈴木、マスター、じぇ~むす今川)


2015パフォーマー1



普段は1人で活躍されている3人が一緒に作った作品の再演とか。3人の個性が生きていて、話もどんどん広がり、パントマイムって本当に楽しい!と思いました。3人でたくさん演ってほしい〜!次回はいつ拝見できるのかしら…




11月
影絵劇団「虹」の公演がありました。劇亭で初めての子供向け公演。以前から子供向けのものをやりたかったので、嬉しかったです。とても温かい若い劇団で、狭い劇亭で影絵で必要なスペースを確保するのに苦労されたのでは…本番は子供たちの元気な声が響き、いつもと違う劇亭が楽しかったです。今後も子供向けの公演ができたらと思います。

劇団虹「大どろぼうホッツェンプロッツ」

2015虹

飲み物、お菓子の販売も!



2015虹1

終演後も珈琲をたてて、子供さん、お母さんと楽しい時間が続きました。




「ただ、独り〜よせみて2〜」多田慶子のバラエティー
多田慶子さんを初めて拝見したのは3年前。木馬亭での公演でした。第一印象「すごい人だな〜」。劇亭夏祭りに出演くださり、今回はお一人での公演。ゲストはラブリー恩田さん。楽しくないわけがない。ただ、1人で構成、演出、出演となるとやはり大変そう。ラブリーさんの意見を聞きながら、お二人で初日があいても話し合い、作っていました。最後迄妥協しない姿勢に嬉しくなります。音響、照明、制作スタッフ全員がひとつになって多田さんを支えていました。多田さんのダンスで鍛えた柔軟な動き、語り、シャンソンの語り…多田ワールド、また観たい!


2015多田2


音響さんが本番でミスを…で、この写真になりました(笑)

13:52 | 劇場 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

遠峰あこ「ぷれみあむナイト3」

遠峰あこ「ぷれみあむナイト」も今年で3回目。前回の「ぷれみあむ…」終了後、「次回は2部を芝居仕立てにして、ピアノをいれたらどうかな…」という私の思いつきから、今回の2部の構想が始まりました。そこで今回は企画劇亭、プロデュースの服部さんが制作となりました。

ピアノはあこさんと一緒に爛漫社中で演奏されているマコさんにお願いし、演出を私の先輩でテレビ界で仕事をされている野上裕さんに決定。

台本をどうするか、設定は、装置は…。あこさんの「朝日楼」がとても素敵だと聴き、「朝日楼」が私の頭の中でどんどん膨らんでいきました。場所は場末の酒場。「お疲れさま〜」とちょっと酔ったあこさんが入ってくる……等々。

皆さんお忙しくて中々顔合わせができず、ハラハラしました。

あこさんから歌う予定の曲目を出して頂き、それぞれの曲をストーリーでつなげていくという方法で、台本を作っていきました。これが大変。演出野上さんが書いて、私が直し、それをまた野上さんが直し…。稽古時間がないので、できるだけ台詞を削り少なくしました。

その後、あこさんご自身が書いてきた台本は台詞がびっしり!
「えーー、こんなに台詞を入れてよかったんだ」とビックリ!

結局あこさんの書いた台本を多少直して決まり。
15回くらい書き直した私と野上さんの静かなバトルは終わりました。
初めて台本を書いてみて、妄想を言葉にして具体化していく作業は楽しかった!

動きの稽古はほとんど1日だけという状況の中で、あこさんはよく頑張ってくれました。
あっという間の本番。あこさんは1回目、2回目、3回目とどんどんよくなっていきました。歌の上手いあこさんなので、台詞がなくても歌だけで充分お客様を満足させられる方なので、本番の心配はあまりしませんでした。

お客様の反応もすごく気になりました。
イメージの違うあこさんをどんな風にごらんになられたのか、楽しんでいただけたのか…心配でした。

今回は私が思いついた、「1つのスチュエーションの中で芝居風にあこさんに歌ってもらう」という最初の妄想は,なんとか形にはなったのかな…欲はたくさんありますが、一度になにもかもは無理な事ですよね。

さて、次回は……


2015あこ練

劇亭での稽古風景1


2015あこリハ

アコーディオンでリハ―サル


2015あこ1

本番1


2015あこ2

本番2


2015あこ3

終わったー!



私にとっては1年がかりの企画でした。楽しさだけではない、いい経験をさせてもらいました。ひとりではなく、皆でつくる時間はワクワク、ドキドキの充実した時間でした。公演前「来年は無理かな…」と、ちょっと弱気になったりもしましたが、終わった今は「来年はどんな風にやろうかな」なんて考え始めました。やはり舞台が、ライブが好き!
17:39 | 劇場 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

バロン凱旋公演

9月4日、12日と公演がありました。バロンさんがモントリオールから帰国されての「凱旋公演」。劇亭でと連絡を頂いた事はとても嬉しかったのですが、私が12日は東京にいない日でした。その旨バロンさんに伝えると、「遠藤さんがいないとダメですか?」…「えっ?!」ビックリしましたが、考えてみれば劇亭出演回数が多いバロンさんです、別に私がいなくてもいいですかね、と承知しました。照明はこれまた劇亭をよく知っているラブリー恩田さん、音響も西真紀さんがされるとのことなので、安心してお任せしました。ただ、私が拝見できなかったことが何より悔しい〜!12日はライスさんのバーレスクだったのに。劇亭初出演でした。4日のバロンさんは1つ1つの芸に磨きがかかり、華やかさも加わり、ますます楽しみなバロンさんでした。


2015バロン2




<2015バロン1






13:37 | 劇場 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

劇亭提携公演はなしのプレゼンツ

劇亭の近くにいらしたということで、劇亭に寄ってくださった世弥さんに初めてお会いしてからあまり時間を経ず、この公演のお話をいただきました。朗読があり、紙芝居があり、落語があり…。聞いているだけで「楽しそう!」と、提携公演という形で協力をさせていただきました。

落語は大阪から上方落語の桂九雀師匠がおみえになり、三味線は浅野美希さん。やはり生の音が入ると華やかでした。紙芝居も自転車でやってきて、そのまま舞台へ。昔懐かしい紙芝居屋さん。朗読も即興脚本読み合わせもあり、「おはなしの詰め合わせ」をじっくりと味わいました。



2015世弥9

桂九雀師匠と浅野美希さん



2015紙芝居1

紙芝居の三橋とらさん
個性的な表情のある声でとてもよかったです。


2015世弥2

全員で(前列中央 女優世弥きくよさん  後列左 声優雨海智和さん)


23:10 | 劇場 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。